背泳:スタート練習

背泳の仰向けスタートができないと相談したところ、今日の背泳ではスタートを教えてもらえました。ずっと課題だったので嬉しい!

 

見本を見せてもらって、自分と違うなと気が付いたことは

・壁を蹴ってすぐにはドルフィン(バサロ?ていうの?)してない。ゆっくり蹴伸びの時間がある。

・パシャパシャ細かく蹴ってない。どーん!どーん!どーん!って感じ。(先生はゆーーーーっくり滑らかでかるーいキック3回で15mギリギリまで進んでいました)

の2点です。

 

もらったアドバイス

・足をつく位置を今までより少し低めで固定すると、深く潜り込みすぎないで済むから安心して練習できる。

・最初に潜る時に息を吐きすぎない。ここで一気にフンッと吐き切っちゃうから辛くなる。

・怖がって顔を持ち上げない。

・キックに合わせてゆったり吐く。とにかく吐く。

でした。

 

初めて水中で仰向けになったときは、パニック状態で何も見えてなかったのですが、ここ最近ちょこちょこ練習していて、今日初めて水面に自分の水着が映っているのに気がつきました。

そしてそれに気がつくということは、視線の位置が後方に向いている=顔を持ち上げているんだなということにも気がつきました。まっすぐのつもりだったんだけどなー。

また、前はとにかく早く浮上したい、と壁を蹴った瞬間からバシャバシャもがいていたのですが、それをやめて、とりあえず蹴伸び!っていうのを意識することで、逆に姿勢を整えるゆとりもできました。

一度自分がちゃんとまっすぐに伸びているな、というのを確認することで、変に横に曲がったりもしなくなった気がします(確認できる前は右側に体が傾きがちでした。)。

 

キックもパシャパシャ身をよじらせるようなキックはやめて、極力ゆっくりたっぷりしならせる、を意識しました。

でもこれはまだうまくできなくて、頑張ってしなってみたら、足が底についちゃったり、単に上に浮上するだけで前に進んでいなかったりと、さらなる練習が必要そう。

 

とはいえ、レッスン前だったら、この辺りですでに酸欠だったな、という位置まで進んだ後も、後2、3けりくらいできそうだなーという感じになってきたので、次は、浮上するタイミングのコントロールを身につけつつ、距離を伸ばしていけたら良いなと思います。

まだ、仰向けになるのが怖くて、肩を竦めてキュッと体を緊張させる癖があり、それが酸素の無駄遣いに繋がっている気がするので、次は首を竦めないのも意識しようと思います。

 

それと、現段階では水の中から真上をみても、自分がどのくらいの深さのところにいるのか、距離感がつかめず、それも怖さに繋がっているのですが、水中から両脇の外の景色をみる余裕は出てきて、その見え方で自分の位置が少しずつわかるようにはなっている気がします。

上手い人は、自分が吐いた空気の泡の状態で位置がわかるなんて聞きますが、いつのことになるやら。

でも自分の場所がわかるだけでも恐怖心は減らせる気がするので、しばらくは視野を広くして横の景色を意識しようと思います。

 

スタートってなかなか教えてもらう機会がないので、ものすごく丁寧に教えてもらえて嬉しかったです!

後、やっぱりお手本を生で見るってすごく大事ですね。できないなりに、何を目指せば良いのか、一気にイメージが沸きました。